兵庫県社会保険労務士会HOME > 兵庫県社会保険労務士会について > 社会保険労務士とは?

兵庫県社会保険労務士会について

社会保険労務士とは?

 社会保険労務士とは、「社会保険労務士法に基づき、毎年一度、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格(かつ、2年以上の実務経験が必要)し、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」をいいます。

登録の種別

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の取扱業務

■1号業務(社会保険労務士法第2条第1号〜第1号の6関係)
  • 労働社会保険諸法令(労働基準法・雇用保険法・労働者災害補償保険法・労働保険徴収法・健康保険法・厚生年金保険法・国民年金法など)に基づく申請書等の作成・提出代行
  • 労働社会保険諸法令に基づく申請等について、行政機関等に対してする、主張若しくは陳述の代理(事務代理)
  • 個別労働関係紛争のあっせん・調停の手続きについて、当事者を代理(特定社会保険労務士に限る)
■2号業務(社会保険労務士法第2条第2号関係)
  • 労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成
■3号業務(社会保険労務士法第2条第3号関係)
  • 労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項についての、相談・指導
代理・代行
  • 労働基準法、個別労働関係紛争法、労災保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、介護保険法などに基づく申請、届出など
  • 休業補償、出産育児一時金、出産手当金、傷病手当金などの請求
  • 労働保険、社会保険の加入・脱退
  • 各種の給付金・助成金などの請求
書類作成
  • 就業規則、賃金・退職金規定、育児・介護休業規定、労働者名簿、賃金台帳などの労働社会保険書法令の帳簿書類
相談・指導
  • 賃金、退職金、労働時間、福利厚生、年金、採用、人事、賞与、解雇、定年、教育訓練、能力開発、安全衛生管理など

よくある質問

Q

1.社会保険労務士とはどのような資格なのでしょうか?

A

社会保険労務士資格は、社会保険労務士法に定められた業務を行うことができる、国家資格です。社会保険労務士資格をもっていない者が、社会保険労務士業務を行うことは、違法行為となり罰せられることになります。

Q

2.社会保険労務士になるためにはどのようにすればいいのでしょうか?

A

毎年一度、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録されることが必要です。

Q

3.特定社会保険労務士について教えて下さい

A

社会保険労務士登録者であって、個別労働関係紛争に係る、あっせん、調停の代理権を有している者です。特定社会保険労務士になるには、社会保険労務士登録者が、特別研修を終了し、紛争解決手続代理業務試験に合格した後に、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に付記をすることが必要です。

Q

4.勤務等登録の対象となる、勤務社会保険労務士とその他の社会保険労務士について教えてください。

A

勤務社会保険労務士:勤務先にて労働・社会保険諸法令に関する業務をされている方
(会社内において人事・総務を担当されている方又は社会保険労務士事務所に勤務されている方など)
その他の社会保険労務士:勤務社会保険労務士以外の方
(会社内において営業等を担当されている方又は勤務されていない方)